アプリ

日経電子版がニュースを読む習慣を作ってくれる。

更新日:

キミは普段、紙の新聞を読みますか。
ボクは読みません。
 

でも読みたいなぁ~くらいには思っていますよ。でも毎朝わざわざ届けてもらうのも億劫だし、処分もめんどくさいよな~って思っちゃうわけです。

 
 

朝起きたら、デジタルデバイスに新聞が届けられて何日か経った古いものは自動で取り消されるそんなサービスがあればいいなと思っていたらありましたよ。

 

日本経済新聞が出している「日経電子版」が条件を満たしていたので、購読し始めました。

新聞には色があるので、「この新聞は嫌い!」とかがあると思いますが、まあボクは特になかったので日経電子版を選びました。

結局は書いていることを鵜呑みにするのでなく、自分で解決策を持っておくことが大切です。

 
ちなみに日経電子版はキャンペーンがあったりして、無料で読める期間が長かったりするので、一度サイトに行って無料体験をするのもありです。

 

スポンサーリンク

 
 

このあとは、アプリの雰囲気と使い心地についてみていきます。

 

アプリは目的に沿った形で2つもある

ざっくり2つのアプリの雰囲気を表すと、従来のニュースアプリのUIと新聞ビューワーです。

もうちょっと詳しくみていきますか。

従来のニュースアプリのUI

実際に画面を見てみましょうか。

こんな具合で、ほかのニュースアプリでもよくあるサムネイル画像にタイトルという構成で上のタブでカテゴリーを選択できます。無料でも見れる記事はありますが、やっぱり購読して全部読みたいよね。

 

新聞ビューワー

これも画面を見てみましょうか。

どっちかというとこっち目的。やっぱり新聞を読んでいる感がある。

毎朝起きて開くと、朝刊があってダウンロードするところから一日が始まるようになりました。

 

iPad proの10.5インチで読んでいるのですが、小さすぎて読めないということはないです。

 
 

 
 

あとがきにかえて

若い人は新聞を読まなくなったといわれますけど、ネットニュースのほうが速いのは明らかでボリュームも無限にあります。
だからこそ自分でどれを読み何を考えるかを選択することが大切でその選択肢の中に日経電子版があるというのは自然だなと思います。


  • この記事を書いた人

Takumi Abe

日々見つけた素敵なものを未来のために。

これも読んでくれるとうれしいな。

-アプリ
-,

Copyright© 猫をかぶって生きていく , 2019 All Rights Reserved.