ガジェット

お子さんのスマホデビューはこれで。

投稿日:

子供にスマホを与えるのってどうなの?
そんな悩みを持つ親御さんは多いと思います。これ読んでいるあなたもそうかもしれません。

ボクは子供のころからスマホなどのデジタルデバイスを与えるのは賛成です。あとスマホより大きい、タブレットなんかがおすすめだったりします。

勉強ツールにタブレットは最適で、さらに動画見るときにも便利です。
動画学習が近年流行ってきています。

Youtubeには科学実験動画が十分に転がっています。
すると動画で楽しみながら勉強するのは自然です。

タブレットを選ぶとするとどれにしようかなと悩んだりするのも事実です。

iPadでもいいと思います。でも、ちょっと高いです。

そんな時におすすめなのがAmazonから新しく出る「Fire HD 8タブレット キッズモデル」です。
ボクもキッズモデルではないFire HD 8を持っていて、動画を見たりしています。

色はブルーとピンクの2色から選べて、値段もiPadに比べるとはるかに安いです。

子供用にAmazon FreeTime Unlimitedというサービスがあるのですが、もし親がAmazonのprime会員なら月額490円、そうでなくても月額980円という価格で利用できます。

このサービスが上のタブレットと相性ばっちりで、Fire タブレットとAmazon FreeTime Unlimitedを使うと子供が楽しめるさまざまな体験ができます。
では以下で、詳しく3つのポイントにまとめて魅力をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

1.知育コンテンツが豊富

ここが子供にとっての一番のお楽しみポイントだと思います。

ディズニーやセサミストリートといった子供に大人気のキャラクターと英語の学習ができます。
動画に限らず、絵本やマンガ、アプリなど数千のコンテンツがあります。
ベネッセや学研の学習コンテンツを使うこともできます。

2.子供にあわせてタブレットをカスタマイズ

子供といっても3~12歳を想定しています。このことを考えると、3歳の子と12歳の子に同じコンテンツを与えるのはどうかと。。

大丈夫です。
年齢にあわせたコンテンツを子供に触れさせることができます。
具体的には就学前(3~5歳)、小学校低学年(6~8歳)、小学校高学年(9~12歳)の3つに分かれています。それぞれどんなアプリがあるかは下の図を見てください。Amazonからの引用です。

 

9~12歳のとこに「モモ」があるけど、小学生で読むのか~すごい
しまじろうとかあるのか。パックマンも。

このように子供の成長に応じてAmazon FreeTime Unlimitedもカスタマイズできるのです。

また、コンテンツをダウンロードしてしまえば、車の中などオフラインの環境でも使うことができます。ちなみにバッテリーは10時間ほどです。

ソフトカバーがついているので持ちやすく壊れにくいです。

もしも子供が乱暴に扱って、タブレットを壊してしまっても2年間の保証がついているので取り換えが可能です。

スポンサーリンク

3.親も安心のみまもり設定

タブレットを持たせると、子供の使い過ぎが心配になったりします。

タブレットとFreeTimeを使えば、親が子供の利用状況の確認、親のライブラリからコンテンツを追加、1日の利用時間の設定、ウェブブラウザのカスタマイズ、デバイスの一時停止など制限をかけようと思えばできます。

また、親の許可なしにアプリ内購入ができない仕様になっていたりもします。

絵本や児童書は時間制限つけないで、動画視聴だけ何時間まで、という細かい制限もカスタマイズできます。

子供も4人までプロフィール設定できて、それぞれに2つ目の年齢制限ができます。

 

 

お子さんのよりよい成長のお供にFire タブレットはおすすめです。

ブルーがかっこいいな。


  • この記事を書いた人

Takumi Abe

日々見つけた素敵なものを未来のために。

これも読んでくれるとうれしいな。

-ガジェット
-, , , , , , , ,

Copyright© 猫をかぶって生きていく , 2019 All Rights Reserved.