雑記

平成が終わるみたいなので直前の1ヵ月で30年を振り返る。 #平成元年

更新日:

2019年(平成30年)4月1日、11時30分ごろに平成の次の元号が決まりました。

令和

に決まったと。これが令和の初タイピングだったのですが、ちゃんと変換予測にピックアップされていました。

 

4月は30日間なので1日1年というしばりで平成を振り返ってみようという所存でございます。

※ちなみに日本がメインですが、海外のことも紹介しますし、なんといっても最初の方は自分が生まれていないかつ生まれても何年かは情勢のことを気にしていなかったため、ほぼほぼ文献からや伝聞からのお話になります。だんだん意識が芽生えてくるにつれて偏りが出てくるところまで含めて楽しんでください。たいてい時系列です。

またここで語られるのも1年間のうちのちょっとしかないので、この記事をシェアしつつTwitterとかに「こんなこともあったね!」とかつぶやいてくれると、ボクも勉強になります。

 

平成元年は何が起きたのか

1/7に小渕官房長官が、新元号「平成」を発表し、1/8から改元され「平成」が始まります。

 

まずは美空ひばりさんの「川の流れのように」ですかね。これが最後のリリースで同年6/24に病気で亡くなっています。翌月6日に女性初の各民栄誉賞を受賞しています。

 

2月には週休二日制が始まったりしています。

 

リクルート事件で政界が揺れていたところ、リクルート社創業者の江副浩正会長が逮捕されてリクルート事件は山場をむかえます。

 

女子高生コンクリート詰め事件が起きました。ボクはマンガで見た程度ですがそれでも残酷なものでした。

 

ちょうど30年前の今日、消費税が導入されました。
このときは3%ですよ。

 

任天堂が「ゲームボーイ」を発売しました。携帯式ゲーム機というのが画期的でした。

スイッチが欲しいです。もしこれを読んでこいつに買ってやってもいいなと思った方がいましたらボクのAmazonのウィッシュリストからどうかよろしくお願いします。

 

江副会長の話題が出てきましたが、この年に「経営の神様」と言われた現・パナソニック創業者の松下幸之助氏がなくなりました。

 

10/31には三菱地所がロックフェラーセンターを買収しました。バブルやん。
山手線内の地価でアメリカ全土の土地を買えるくらい日本の土地価格は高騰していました。

 

11月にはベルリンの壁が崩壊しました。

 

12月に入ると、アメリカ・ブッシュ大統領とソビエト連邦・ゴルバチョフ議長が会談し冷戦が終結しました。

 

年末(29日)になると、日経平均株価は史上最高値の38,957円44銭を記録し、これを最後にバブル崩壊へ向かいます。

スポンサーリンク

平成元年に流行ったもの

流行語は「セクシュアルハラスメント」でした。
「○○ハラスメント」があふれる世の中になりました。
昔からあったものに言葉をつけることで問題意識が芽生えることも多いです。
30年で解決したとは全く言えないので、「令和」へ持ち越しです。

ベストセラーは吉本ばなな著「TSUGUMI」です。この年は「TSUGUMI」だけでなく、ほかにも5冊がベストセラーです。

プリンセス・プリンセスがすごかった。この2曲。

あとは長渕剛の「とんぼ」。

映画分野では「魔女の宅急便」が大流行でした。

スポンサーリンク

あとがきにかえて

まとめとしては、平成元年はバブル崩壊の印象かな。

次の年。


  • この記事を書いた人

Takumi Abe

日々見つけた素敵なものを未来のために。

これも読んでくれるとうれしいな。

-雑記
-,

Copyright© 猫をかぶって生きていく , 2019 All Rights Reserved.