雑記

平成が終わるみたいなので直前の1ヵ月で30年を振り返る。 #平成2年

更新日:

去年のことはこちらから。

スポンサーリンク

4月は30日間なので1日1年というしばりで平成を振り返ってみようという所存でございます。

※ちなみに日本がメインですが、海外のことも紹介しますし、なんといっても最初の方は自分が生まれていないかつ生まれても何年かは情勢のことを気にしていなかったため、ほぼほぼ文献からや伝聞からのお話になります。だんだん意識が芽生えてくるにつれて偏りが出てくるところまで含めて楽しんでください。たいてい時系列です。

またここで語られるのも1年間のうちのちょっとしかないので、この記事をシェアしつつTwitterとかに「こんなこともあったね!」とかつぶやいてくれると、ボクも勉強になります。

 

平成2年は何があったのか

センター試験が始まった年ですね。

さて2020年度にはセンター試験も廃止され、新テストが始まります。教授たちには採点を頑張ってほしいものです。お疲れ様です。

 

そういえば2組の大物ミュージシャンが初来日公演がありました。ローリングストーンズとポールマッカートニーです。
僕の好きな曲を1曲ずつ置いておきます。

 

WHOが病気一覧から同性愛を削除したのも平成2年でした。性の多様性はこれからも重要なテーマです。多様性がある方が絶滅しにくいよね。

 

京都大学の森重文教授がフィールズ賞を受賞しました。「3次元代数多様体における極小モデルの存在証明」がテーマです。なんのこっちゃという感じですか。奇遇ですがボクもです。数学は大好きなんですけどね。

 

平成2年に流行ったもの

なんといっても「ちびまる子ちゃん」フィーバーです。日曜日は「サザエさん」とともにお茶の間のアニメとして広く浸透しています。
2018年にはさくらももこさんが亡くなりました。

「ちびまる子ちゃん」は流行語にもなりました。
これとの関連で、音楽分野では「おどるポンポコリン」が大ヒットしました。

また、新語には「ファジー」(fuzzy)が選ばれました。「あいまいな」という意味です。

二谷友里恵「愛される理由」がベストセラーになりました。

ボクは読んだことありません。

あとがきにかえて

正直言うとあまり深入りしたくなるような年ではなかったなと。

もしよければもっとこんなことがあったね!とかがあったら、SNSで教えてください。

 
来年のこと。


  • この記事を書いた人

Takumi Abe

日々見つけた素敵なものを未来のために。

これも読んでくれるとうれしいな。

-雑記
-

Copyright© 猫をかぶって生きていく , 2019 All Rights Reserved.