雑記

平成が終わるみたいなので直前の1ヵ月で30年を振り返る。 #平成14年

更新日:

去年のこと。

 

スポンサーリンク

 

4月は30日間なので1日1年というしばりで平成を振り返ってみようという所存でございます。

 

※ちなみに日本がメインですが、海外のことも紹介しますし、なんといっても最初の方は自分が生まれていないかつ生まれても何年かは情勢のことを気にしていなかったため、ほぼほぼ文献からや伝聞からのお話になります。だんだん意識が芽生えてくるにつれて偏りが出てくるところまで含めて楽しんでください。たいてい時系列です。

 

またここで語られるのも1年間のうちのちょっとしかないので、この記事をシェアしつつTwitterとかに「こんなこともあったね!」とかつぶやいてくれると、ボクも勉強になります。

 
 

平成14年は何があったのか

ボクが4歳になる。
 
ヨーロッパではユーロ紙幣、硬貨が流通し始めます。
 
多摩川でゴマフアザラシの「タマちゃん」が発見される。4歳のボクと可愛さはどっこいどっこい。
「タマちゃん」は流行語に。
 
田中耕一さんがノーベル化学賞、小柴昌俊さんがノーベル物理学賞をダブル受賞。これはヤバい。
テーマはそれぞれ、ソフトレーザーによる質量分析、カミオカンデによるニュートリノの観測。
 
ゆとり教育はじまりました。
 
バウリンガルがブーム。犬の心が知りたい。イグノーベル賞をとっています。
 
Microsoftのゲーム機「Xbox」が大ヒット。
 
Winnyがブーム。P2Pのさきがけ。
 
ベッカムが来日。ベッカムヘアも大流行。
 
ベストセラーたち。

 

スポンサーリンク

 

あとがきにかえて

松井秀喜がメジャーに行きましたが、このとき4歳なので巨人の頃の記憶はなく、メジャーでの活躍が頭に焼き付いています。
 

スポンサーリンク

来年のこと。
平成15年のできごと

去年のこと。   スポンサーリンク   4月は30日間なので1日1年というしばりで平成を振り返ってみようという所存でございます。   ※ちなみに日本がメインですが、海外の ...

続きを見る

スポンサーリンク


  • この記事を書いた人

Takumi Abe

日々見つけた素敵なものを未来のために。

これも読んでくれるとうれしいな。

-雑記
-

Copyright© 猫をかぶって生きていく , 2019 All Rights Reserved.