雑記

#やぎまじ

更新日:

今日はやぎぺーさんに会ってきました。

 

場所は渋谷にある森の図書室。道玄坂を7分ほどのぼっていくと細いビルの3階でしっぽりとやっています。

雰囲気はいいですよ。

たまたま座ったところに「君の膵臓を食べたい」がおいてあって少し読みましたが、「カルヴァニズム」という用語が目にとびこんできて、だからというわけではないのですが買って読もうと思います。

 


では、本題に。

  1. 興味のあることに手を出す,、知識を得る(Input)
  2. 得た知識に自分の意見を加えてコンテンツにする(Output)
  3. ファンができる(sympathy)
  4. 収益化(monetize)
  5. 1.に戻る(re-invest)

これらを意識すると、お金がどんどん循環し、次第に量が増えていきます。

 

それでは1つずつ意見を加えてアウトプットしていきます。

1…僕はこのパートは好きです。本を読んだり、どこかへ行ったりしてみることです。

ぼくは今、「脳科学」、特に「記憶」に興味があります。

2…なぜ多くの人がアウトプットが大事だというのか。僕が説明します。今興味のある「脳科学」で説明します。

実は、覚えられないというのはナンセンスなんです。知識、情報というのは触れたら、外部にあるのではなく、すでに自分の内部にあります。

つまり覚えられないというより、引き出せないというほうが適しているのです。脳科学ではこのような考え方があります。

アウトプットをすることで知識を引き出しやすくなり、より強固なものになっていきます。

3…意見を加えることでこれに賛否があびせられます。否定してくる人もいますが、その分ちゃんと共感してくれる人もいます。

そういう人のために情報発信をしていくといいです。

4…情報発信もボランティアではないので、継続していくためにはそれなりにマネタイズも考えなければいけません。

5…べつにお金を持っていても意味ないのでガンガン回してしまいましょう。

 

今回のイベントは2.にあたる部分がメインだったのでここでシェアしていきます。2点です。

  • 情報発信をすることで自分の知識をシェアできます。シェアしても自分からその知識がなくなるわけではないので、惜しみなく発信していきましょう。出し惜しみしていると信用が得られなくなってします。3.を考えるとため込まずにすべて出し切ってしましょう。
  • 情報発信は社会貢献になります。どんなにニッチなものでも需要はあるわけで、ためらわずにだしましょう。読みたい人はいます。

 

最後に……

やぎぺーさんが100万円を月に稼ぐまでは「社会の奴隷」だった、とおっしゃっていました。知識をシェアするだけでは好き勝手に生きられないということに気付いたそうです。2.は知識をただアウトプットするのでは不十分で、意見を加えて知識をアウトプットすることが大切なのです。

 

それでは。

 

P.S. 初めてお会いしましたが、やぎぺーさんいい人でした。ブログ読んでて、とげとげしいと思っていたのですが…いい人でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  • この記事を書いた人

Takumi Abe

日々見つけた素敵なものを未来のために。

これも読んでくれるとうれしいな。

-雑記

Copyright© 猫をかぶって生きていく , 2019 All Rights Reserved.